(公財)郡山地域テクノポリス推進機構と、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会は、福島県郡山市と周辺6市町村(テクノポリス圏域)の、ものづくり系中小企業・クリエーター・起業家のみなさまを支援します。

情報化人材育成・研修事業

Scratch Day 2014 in KORIYAMA 「わくわく!プログラミングワークショップ」開催報告

  • 開催日時:2014年5月17日(土) 13:00~15:00
  • 会場:国際アート&デザイン専門学校(郡山市)
  • 講師:(株)マユックス 代表 佐藤 充 氏
  • 参加人数:親子6組12名様

5/17(土)13:00~15:00に、国際アート&デザイン専門学校にて、Scratch Day 2014 in KORIYAMA「わくわく! プログラミングワークショップ」を開催いたしました。

前回同様、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で動く、Scratch(スクラッチ)という子供向けのビジュアルプログラミング環境を使って「ネコから逃げろ」というゲームを作りました。

Scratchのホームページでは、世界中のユーザーが作ったゲームや動画などがアップロード(共有)され、誰でも遊ぶことができます。また、ホームページから「Scratchに参加する」を選んでユーザー登録をすれば、お子さんが作ったゲームをアップロードすることもできます。
Raspberry Piは、ご自宅のTVや、お使いのパソコンのキーボードなどを使って簡単に使えますので、ぜひ家でも続けて遊んでみてください。

ご参加いただいたみなさん、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

Raspberry Piとの接続のしかたについては、RIALAB.「Raspberry Piをつなぐ」にも掲載されています。また、こちらにもまとめてありますのでご覧ください。

VOICE

参加者のみなさんからいただいコメントを抜粋して、一部掲載させていただきます。

  • (お子さんのコメント)初めてゲーム作りをしたので、ちょっとむずかしかったです。でも、結果的には、おもしろかったのでよかったです。
  • (お子さんのコメント)100%おもしろかった。
  • (お子さんのコメント)本を読んで、「マインクラフト」がやりたくなった。
  • (お子さんのコメント)ゲーム作りをマスターすることができて、プロになったような気分になり、楽しかったです。
  • (保護者の方のコメント)楽しいワークショップで、親子で楽しく学べたと思います。ラズベリーパイも、今の子供たちはあまり基盤に触れることもないのでよい経験になりました。
  • (保護者の方のコメント)プログラムの初歩を少しずつ経験できてよかったと思いました。
  • アクセス
  • お問い合わせ
このページのトップへ