(公財)郡山地域テクノポリス推進機構と、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会は、福島県郡山市と周辺6市町村(テクノポリス圏域)の、ものづくり系中小企業・クリエーター・起業家のみなさまを支援します。

メールマガジン

バックナンバー

2012年
12/10号 ものづくり中小企業の医療福祉機器研究開発推進に役立つ研究会のご案内
UXデザイン・ワークショップ/産学官連携フォーラム/ふくしま産業応援ファンド のお知らせ
UXデザイン「サービスアイデアの可視化とインタラクションの設計」/産学官連携フォーラムのお知らせ
Web、ソフトウェア開発に関わる仕事をされている方必聴!「サーバーのこと、ファイル管理のこと」
「サーバーの基礎知識」「UXデザイン」についてのセミナー・ワークショップを開催!
第5・6回IT交流プラザ開催のお知らせ/環境研究会「視察研修会」など
UXデザインに最も大切なものとは?!/インキュベーションセンター入居者募集など
9/11号 UXデザインのための『ユーザー体験コンセプトの作り方』参加者募集!
9/3号 「第2回 産学官連携企業懇談会」開催のご案内
8/27号 「文章表現力 ワークショップ」/マイスターズカレッジ参加者募集!
7/11号 第1回医療研究会/「文章表現力ワークショップ」開催のご案内
6/22号 「Webマーケティング思考トレーニング+ワークショップ」まもなく締切/第1回環境研究会 開催
6/12号 「Webマーケティング思考トレーニング+ワークショップ」7/7(土)開催!
5/25号 「ビジネスで成功するFacebook・Twitter活用法」残席わずかです
5/18号 「ビジネスで成功するFacebook・Twitter活用法」セミナー開催のお知らせ
5/14号 第1回・2回IT交流プラザ予告/「再生可能エネルギー分野」講義解放
3/5号 市民公開シンポ『ロハスの工学』による“ふくしま”の復興を考える/起業支援室入居者募集
『Web Creators Pride(クリエイターズ・プライド)』特別講演のご案内
2/7 ICTリーダー研修講座、お申込まもなく〆切/IT交流プラザのご案内
2/2号 IT交流プラザ/プレゼンテーション実習講座/ICTリーダー研修講座 のお知らせ
ICTリーダー研修講座開講/2月18日(土)HPコンテスト表彰式&特別講演
2018年▼
2017年▼
2016年▼
2015年▼
2014年▼
2013年▼
2012年▼
2011年▼
2010年▼
2009年▼
2008年▼
2007年▼
2006年▼
2005年▼
2004年▼
2003年▼
2002年▼
2001年▼

第5・6回IT交流プラザ開催のお知らせ/環境研究会「視察研修会」など
(配信日:2012/10/03 14:14:59

/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆★★                        ★★☆☆
☆☆☆
☆    ◇◆テクノ・ニューコメ メールマガジン◇◆     ☆
                             ☆☆☆
☆☆★★                        ★★☆☆
━━━━━━━━━━━━━━ http://www.techno-media.net6.or.jp/
/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/


━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━ 2012年10月3日  Vol.229 ━━

◆10/20(土)第5回IT交流プラザ 開催!
「今だからこそ知っておきたい、サーバーのこと、ファイル管理のこと」

◆10/27(土)UXデザインシリーズ2回目
 UXデザイン『サービスのコンセプトアイデアをつくる』(仮称)開催

◆第2回 環境保全・共生科学技術研究会「視察研修会」 開催のご案内

◆研究開発助成制度・地域技術起業化助成制度の公募について

◆福島県の復興を支える工学技術に関する公開シンポジウム開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

────────────────────────────────
◆10/20(土)第5回IT交流プラザ 開催!
「今だからこそ知っておきたい、サーバーのこと、ファイル管理のこと」
────────────────────────────────

Webの仕事とは切っても切り離せない「Webサーバー」。
最近のCMS事情や、Webアプリ、スマートフォンアプリなど、
サーバーの知識が必要とされる状況が増えています。

また、コラボレーション型の制作が増えてきている中で、
安全なファイル管理やバックアップなどを含めた管理方法の見直し、
作業の効率化、そういったことも同時に必要とされてきています。

そこで今回、これまでなかなか聞けなかった、サーバーについての
基礎知識や、安全なファイルのバージョン管理、次世代サーバーツール
を使った効率化についてのセミナーを開催します。

Webに関わる仕事をされている方必聴のセミナーです!


■日 時: 平成24年10月20日(土) 13:00〜17:00(予定)

■会 場: 郡山地域テクノポリスものづくり
       インキュベーションセンター 会議室
http://www.monodukuri.net6.or.jp/access/index.html

■参加費: 2,000円

■定 員: 36名

■詳細・お申し込み:
http://www.techno-media.net6.or.jp/cgi-bin/view/news.cgi?cd=424

■懇親会: セミナー修了後、講師を交えての懇親会を予定しています。
      そちらも合わせてぜひご検討ください!(費用別途)



────────────────────────────────
◆10/27(土)UXデザインシリーズ2回目
 UXデザイン『サービスのコンセプトアイデアをつくる』(仮称)
 参加申込受付を開始しました!
────────────────────────────────

  ユーザーエクスペリエンス(User experience)をテーマに
  全3回のワークショップを開催予定で、今回は、2回目となる
  ワークショップのご案内です。

■ユーザーエクスペリエンスとは?

例えば、国産メーカーの炊飯器。「内釜内圧力5倍!」
…これは商品の魅力といえるでしょうか??
炊飯器を買う人は、高機能な炊飯器がほしいのでしょうか?
違いますよね。ただ「美味しいご飯が食べたい」のです。

高機能だけをコンセプトにしていたら、技術の進歩であっというまに
陳腐化してしまいます。
「その製品を使う喜び」(=美味しいご飯が食べられる喜び)という
ユーザー体験を提供すること、これをコンセプトにしていかなければ、
もう他社との差別化はできなくなっています。
この購買者の体験が、ユーザーエクスペリエンス(UX)です。

では、そのUXをデザインするためには、どうすればよいのでしょうか。


■今回のワークショップで学ぶこと

前回のワークショップでは、UXをデザインするために最も重要な
「ユーザー体験コンセプト(提供しようとする、価値ある体験)」を
引き出すための方法として、フォトエッセイを用いた
「ユーザー体験価値分析法」(KA法)を学びました。

2回目となる今回は、そこで見つけた「ユーザー体験価値」から、
「サービスのコンセプトアイデアをつくる」そして「体験コンセプト
の発見」へと進みます。


※1回目のワークショップを欠席された方でも、今回から
 ご参加いただけます。
 午前中に復習を兼ねたワークショップがありますので、
 ぜひそちらにご参加ください!


■日 時: 平成24年10月27日(土)
     ・10:30〜12:00
       (1回目に参加していない方のための復習)
     ・13:00〜17:00(ワークショップ 本編)

■テーマ: 「サービスのコンセプトアイデアをつくる(仮称)」

■講 師: 千葉工業大学 工学部デザイン科学科
        准教授 安藤 昌也 氏

■会 場: 郡山地域テクノポリスものづくり
      インキュベーションセンター 会議室
http://www.monodukuri.net6.or.jp/access/index.html

■参加費: 2,000円

■定 員: 30名(限定)

■詳細・お申し込み
http://www.techno-media.net6.or.jp/cgi-bin/view/news.cgi?cd=423



────────────────────────────────
◆第2回 環境保全・共生科学技術研究会「視察研修会」 開催のご案内
────────────────────────────────

今回は「東日本大震災からの復興」をテーマに、
津波による被災地区の状況と復興へ向けたまちづくりへの取り組みの
ほか、新エネルギーの導入に向けた取り組みなどについて
浜通り地方の相馬港湾建設事務所や南相馬市を視察訪問し、認識を深め、
今後の研究会活動などに活かしていきたいと考えています。


◆日  時  平成24年10月12日(金)午前8時出発(時間厳守)

◆募集人員  20名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

◆参 加 費  1,000円(昼食代)
       (アライアンス形成会議会員企業は無料)

◆視察場所

○相馬港湾建設事務所及び相馬港等現地視察(相馬市)
○南相馬市役所及び現地視察(南相馬市)

◆詳細・お申し込み
http://www.techno-media.net6.or.jp/cgi-bin/view/news.cgi?cd=419



────────────────────────────────
◆研究開発助成制度・地域技術起業化助成制度の公募について
────────────────────────────────

テクノポリス推進機構では、企業や共同研究グループの研究開発活動や
新事業創出への取り組みを支援するため、各種助成制度を設けています。

今回、ものづくりや研究開発のための助成制度である研究開発助成
および起業化助成について、下記のとおり公募を行います。

◆公募する助成制度

 <研究開発助成制度>
  新技術または新製品の開発、生産工程の合理化又は製品の
  高付加価値化、これらに類する技術の高度化に関する研究開発を
  行う企業、共同研究グループに対して研究開発に要する経費を助成。

 <地域技術起業化助成制度>
  技術革新の進展に即応した技術を製品化・商品化するため、その
  実現に向けて必要な商品開発、情報収集、市場開拓などの事業を
  行う企業や共同研究グループに対して、起業化に要する経費を助成。

◆公募期間 平成24年10月1日(月)〜11月30日(金)

◆詳細
http://www.techno-media.net6.or.jp/cgi-bin/view/news.cgi?cd=422



────────────────────────────────
◆福島県の復興を支える工学技術に関する公開シンポジウム開催
────────────────────────────────
日本大学工学部では、新たな技術の研究分野として「ロハスの工学」を
提唱し、再生可能エネルギー、社会インフラの防災力と保全など、
福島県の復興に必要不可欠な工学技術の研究を進めています。

このたび、日本大学工学部が取り組む研究を広く皆様に知っていただ
くため、5回にわたるミニシンポジウムが企画されています(参加無料)


第2回
 日 時 10月21日(日)午後1時30分から午後4時30分
 場 所 労働福祉会館大ホール
     (http://www.bunka-manabi.or.jp/kaikan/index.html)
 テーマ 再生可能エネルギー入門 〜太陽光とバイオマスの可能性

第3回
 日 時 11月23日(金)午後1時30分から午後4時
 場 所 ビックアイ7階大会議室
 テーマ 自立共生の住環境を支える水循環の実現を目指して

第4回
 日 時 12月16日(日)午後1時30分から午後4時30分
 場 所 ビックアイ7階大会議室(予定)
 テーマ 環境と調和し、防災力のあるロハスの家
      
第5回
 日 時 2013年1月13日(日)午後1時30分から午後4時30分
 場 所 ビックアイ7階大会議室(予定)
 テーマ 社会インフラの耐震・耐久性の向上策

主催:日本大学工学部 工学研究所


■詳細
http://www.techno-media.net6.or.jp/cgi-bin/view/news.cgi?cd=420


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔テクノ・ニューコメ メールマガジン〕 毎月2回発行

 発行 : (公財)郡山地域テクノポリス推進機構
    : 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
               http://www.techno-media.net6.or.jp
 連絡先:〒963-0115 郡山市南二丁目52
      Tel:024-947-4400 Fax:024-947-4475
      E-Mail(テクノ)  :techno@nm.net6.or.jp
      E-Mail(ニューコメ):info@nm.net6.or.jp

    郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
               http://www.monodukuri.net6.or.jp
    〒963-1165 福島県郡山市田村町徳定字中河原1番1
          (日本大学工学部キャンパス内)
      Tel:024-926-0344 FAX:024-943-4441
      E-mail:monodukuri@nm.net6.or.jp

 ■メールマガジンのバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/magazine/backnumber.php
 ■メールマガジンの購読解除
  http://www.techno-media.net6.or.jp/magazine/delmaga.php
 ■広報誌「サザンクロス」のバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/southern/index.html

        掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • アクセス
  • お問い合わせ
このページのトップへ