(公財)郡山地域テクノポリス推進機構と、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会は、福島県郡山市と周辺6市町村(テクノポリス圏域)の、ものづくり系中小企業・クリエーター・起業家のみなさまを支援します。

メールマガジン

バックナンバー

2007年
12/11号
11/20号
11/8号
11/1号
10/16号
9/19号
9/10号
8/21号
8/1号
7/13号(再送)
7/13号
6/20号
6/4号
4/27号
4/6号
3/16号
3/1号
2/19号
2/1号
1/23号増刊号
1/16号
1/12号
1/4号
2018年▼
2017年▼
2016年▼
2015年▼
2014年▼
2013年▼
2012年▼
2011年▼
2010年▼
2009年▼
2008年▼
2007年▼
2006年▼
2005年▼
2004年▼
2003年▼
2002年▼
2001年▼

1/23号増刊号
(配信日:2007/01/23 09:45:52

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベンチャー精神あふれる企業を支援する
            『 テクノ・ニューコメ メールマガジン』
━━━━━━━━━━━━ http://www.techno-media.net6.or.jp ━━

                (財)郡山地域テクノポリス推進機構
       郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会


━━ 目 次 ━━━━━━━━━ 2007年2月1日  Vol.131━━━━━
1【予 告】「テクノポリス新春講演会2007」2月6日開催予定
       〜中小企業は連携で生き残れ!〜
2【予 告】「第2回機能性材料・製造プロセス研究会」2月15日開催
      ・福島大学理工学類研究実験棟の概要
      ・化学の知恵で安定分子を活性化する
      ・最近の生産管理の動向
3【予 告】「コーチング入門講演会」2月22日開催予定
      〜相手のやる気と行動を引き出すコミュニケーション〜 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
────────────────────────────────
1【予  告】「テクノポリス新春講演会2007」2月6日(火)開催
           中小企業は連携で生き残れ!
       〜広域連携・産学官連携・新連携の成功事例〜
    東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長 上野 保氏
────────────────────────────────
 製造業を取り巻く経営環境がめまぐるしく変化し続けるなか、中小企
業が持続的な発展を続けるためには、他企業・大学・他地域等との連携
による、新製品開発・新事業創出への取り組みや単独企業ではなし得な
かった高付加価値の商品・サービスの提供を行うなど、新たな企業経営
が求められています。

 このたび、昨年10月に郡山ウエストソフトパーク内に新事業や研究
開発の拠点として「郡山テクニカルセンター」を開所し、地域企業等と
のビジネス拡大のサポートを展開している東成エレクトロビーム(株)
上野社長を講師にお迎えして、中小企業が生き残るための様々な連携方
策についてお話しいただきます。

     東成エレクトロビーム(株)  http://www.tosei.co.jp/

 皆様のご参加をお待ちしております。

主催 (財)郡山地域テクノポリス推進機構
共催 郡山地域テクノポリス市町村協議会
   郡山地域テクノポリス推進協議会
   郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会

と き 平成19年2月6日(火) 午後1時30分〜午後3時
ところ ビッグパレットふくしま 4階「プレゼンテーションルーム」
   (郡山市安積町日出山字北千保19-8)

テーマ  中小企業は連携で生き残れ!
     〜広域連携・産学官連携・新連携の成功事例〜
講師 東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長 上野 保氏

入場無料(どなたでもご参加いただけます)

定員   100名(現在の申込者数は50名です)

申し込み・問い合わせ先
 (財)郡山地域テクノポリス推進機構
 tel.024-947-4400  fax.024-947-4475

申込期限 平成19年2月2日(金)

※チラシはこちらから(PDF形式)
http://www.techno-media.net6.or.jp/shinsyun/2007chirashi.pdf

※お申し込みはこちらから
http://www.techno-media.net6.or.jp/shinsyun/2007entry.html

【テクノ・新事業支援課】

────────────────────────────────
2【予告】「第2回機能性材料・製造プロセス研究会」2月15日開催
      ・福島大学理工学類研究実験棟の概要
        福島大学教授 佐藤 理夫 氏
      ・化学の知恵で安定分子を活性化する
        福島大学助教授 大山 大 氏
      ・最近の生産管理の動向
        福島大学教授 星野共二
────────────────────────────────
 郡山地域テクノポリス推進機構の機能性材料・製造プロセス研究会は
郡山テクノポリス地域戦略的アライアンス形成会議の研究開発推進部会
の3つの研究会(環境、医療、材料)の一つとして、平成17年9月に
発足し、大学・研究機関等と連携して技術研究シーズの探索、掘り起こ
しを行っております。
 今回の材料研究会は、福島大学に創設されました、理工学群共生シス
テム理工学類において、講演と理工学類研究実験棟の見学を下記のとお
り企画いたしましたので、皆様のご参加をお願いいたします。

               記

日 時
平成19年2月15日(木)  14:00〜16:30

場 所
福島大学 M講義棟1階 M1教室

内 容
「理工学類研究実験棟の概要」(14:00〜14:15)
 福島大学教授 産業システム工学専攻 佐藤理夫 氏
    
 講演(14:15〜15:45)
 テーマ1 「化学の知恵で安定分子を活性化する」
  講師  福島大学助教授 産業システム工学専攻 大山 大 氏
 テーマ2 「最近の生産管理の動向」
    講師  福島大学教授 産業システム工学専攻 星野共二 氏
    
 施設見学(15:50〜16:30)
  ・理工学類研究実験棟の見学

参加費 無料(どなたでも参加できます)

※ビッグパレットから送迎バスをご用意いたします。 
 当日12:30ビッグパレット駐車場出発、時間厳守でお願いいたし
ます。
 帰りの到着は18:00を予定しております。

※お申し込みはこちらから
 http://www.techno-media.net6.or.jp/zairyo/18-2.html

【テクノ・企画管理課】

────────────────────────────────
3【予告】情報化人材育成フォーラム(第12回IT交流プラザ)
     「コーチング入門講演会」2月22日(木)開催予定
     〜相手のやる気と行動を引き出すコミュニケーション〜
────────────────────────────────
 自分の意思を正確に伝えるということは、仕事をする上でも生活をす
る上でも大変重要なことです。
 「人を動かす」などの著書で有名なデールカーネギーの本の中にこの
ような話があります。

『「みなさん、自由は素晴らしいものです。」そう言ったきり彼は立ち
つくしたまま黙ってしまった。私は彼に話しかけた。「何かそう思うよ
うな出来事があったのですか。よければ話してください。」彼は堰を切
ったように話し始めた。第二次世界大戦で、独占領下のフランスにいた
こと。隣へ行くのも身分証明書を持たなければならなかったこと。「わ
たしは今日ニューヨーク郊外の自宅からここまで来ましたが、誰にも呼
び止められず身分証明書も必要ありませんでした。自由とは素晴らしい
ものです」そのスピーチは強く聴衆をつかんだ素晴らしいものだった』

 どんなに正しいと信じても、的確に人に伝えることができなければ何
の意味もありません。今話題のコーチングは的確に意思を伝えるための
手法です。「コーチング」とはどんなことをするのか、どんな効果が期
待できるのか、その基礎をみなさん学んでみませんか。

 講師には、コーチングに関する数々の講演会や講座で有名な(株)コー
チ21からおいでいただき、その基礎についてご講演いただきます。

◆日 時:平成19年2月22日(木) 午後1時半〜午後3時

◆会 場:ホテルハマツ8F 「金星の間」

◆参加費:無料

◆定 員:30名

◆内 容:「コーチング入門」
           〜相手のやる気と行動を引き出すコミュニケーション〜
     講師 (株)コーチ・トゥエンティワン
                プロフェッショナルコーチ 竹下 知子 氏
          http://www.coach.co.jp/
      コーチングとは何か。コーチングの必要性と効果、取り入
      れた企業の事例などについてお話いただきます。

◆申込み:専用URLより2月20日(火)までお申込下さい。
     http://www.techno-media.net6.or.jp/it-plaza/entry.html

【ニューコメ】

----------------------------------------------------------------
 ◆ (財)郡山地域テクノポリス推進機構・事務局
  1 熊田 常務理事兼事務局長  (郡山商工会議所より出向)
  2 山下 事務局次長兼総務部長 (県より派遣)
  3 大沼 企画管理課長     (郡山市より派遣)
  4 松宮 技術振興課長     (須賀川市より派遣)
  5 青山 新事業支援課長    (大東銀行より出向)
  6 宮越 技術コーディネーター (テクノポリス)
  7 山本 事務担当       (テクノポリス)

 ◆ (財)郡山地域テクノポリス推進機構・
    郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
  8 永島 インキュベーションマネージャー(テクノポリス)
  9 中井 技術指導員      (テクノポリス)
  10 千原 事務担当       (テクノポリス)

 ◆ 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
  11 服部 事務担当       (ニューコメ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔テクノ・ニューコメ メールマガジン〕 毎月1日と16日発行

 発行 : 財)郡山地域テクノポリス推進機構
    : 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
               http://www.techno-media.net6.or.jp
 連絡先: 〒963-0101 郡山市安積町日出山字北千保19番8
      Tel:024-947-4400 Fax:024-947-4475
      E-Mail(テクノ)  :techno@nm.net6.or.jp
      E-Mail(ニューコメ):info@nm.net6.or.jp

 ■メールマガジンのバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/magazine/backnumber.php

 ■メールマガジンの購読解除
  http://www.techno-media.net6.or.jp/magazine/delmaga.php

 ■広報誌「サザンクロス」のバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/southern/southern.html

        掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • アクセス
  • お問い合わせ
このページのトップへ