(公財)郡山地域テクノポリス推進機構と、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会は、福島県郡山市と周辺6市町村(テクノポリス圏域)の、ものづくり系中小企業・クリエーター・起業家のみなさまを支援します。

メールマガジン

バックナンバー

2007年
12/11号
11/20号
11/8号
11/1号
10/16号
9/19号
9/10号
8/21号
8/1号
7/13号(再送)
7/13号
6/20号
6/4号
4/27号
4/6号
3/16号
3/1号
2/19号
2/1号
1/23号増刊号
1/16号
1/12号
1/4号
2018年▼
2017年▼
2016年▼
2015年▼
2014年▼
2013年▼
2012年▼
2011年▼
2010年▼
2009年▼
2008年▼
2007年▼
2006年▼
2005年▼
2004年▼
2003年▼
2002年▼
2001年▼

1/16号
(配信日:2007/01/16 15:46:44

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベンチャー精神あふれる企業を支援する
            『 テクノ・ニューコメ メールマガジン』
━━━━━━━━━━━━ http://www.techno-media.net6.or.jp ━━

                (財)郡山地域テクノポリス推進機構
       郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会


━━ 目 次 ━━━━━━━━ 2007年1月16日  Vol.130━━━━━
1【予 告】「テクノポリス新春講演会2007」2月6日開催予定
       〜中小企業は連携で生き残れ!〜
2【予 告】「コーチング入門講演会」2月22日開催予定
      〜相手のやる気と行動を引き出すコミュニケーション〜
3【HPから】What's New 
4【コラム】最新の通信技術「可視光通信」 
5【予 定】テクノ・ニューコメの行事(1〜2月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
────────────────────────────────
1【予  告】「テクノポリス新春講演会2007」2月6日(火)開催
           中小企業は連携で生き残れ!
       〜広域連携・産学官連携・新連携の成功事例〜
    東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長 上野 保氏
────────────────────────────────
 製造業を取り巻く経営環境がめまぐるしく変化し続けるなか、中小企
業が持続的な発展を続けるためには、他企業・大学・他地域等との連携
による、新製品開発・新事業創出への取り組みや単独企業ではなし得な
かった高付加価値の商品・サービスの提供を行うなど、新たな企業経営
が求められています。

 このたび、昨年10月に郡山ウエストソフトパーク内に新事業や研究
開発の拠点として「郡山テクニカルセンター」を開所し、地域企業等と
のビジネス拡大のサポートを展開している東成エレクトロビーム(株)
上野社長を講師にお迎えして、中小企業が生き残るための様々な連携方
策についてお話しいただきます。

     東成エレクトロビーム(株)  http://www.tosei.co.jp/

 皆様のご参加をお待ちしております。

主催 (財)郡山地域テクノポリス推進機構
共催 郡山地域テクノポリス市町村協議会
   郡山地域テクノポリス推進協議会
   郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会

と き 平成19年2月6日(火) 午後1時30分〜午後3時
ところ ビッグパレットふくしま 4階「プレゼンテーションルーム」
   (郡山市安積町日出山字北千保19-8)

テーマ  中小企業は連携で生き残れ!
     〜広域連携・産学官連携・新連携の成功事例〜
講師 東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長 上野 保氏

入場無料(どなたでもご参加いただけます)
定員   100名

申し込み・問い合わせ先
 (財)郡山地域テクノポリス推進機構
 tel.024-947-4400  fax.024-947-4475

申込期限 平成19年2月2日(金)

※チラシはこちらから(PDF形式)
http://www.techno-media.net6.or.jp/shinsyun/2007chirashi.pdf

※お申し込みはこちらから
http://www.techno-media.net6.or.jp/shinsyun/2007entry.html

【テクノ・新事業支援課】
────────────────────────────────
2【予告】情報化人材育成フォーラム(第12回IT交流プラザ)
     「コーチング入門講演会」2月22日(木)開催予定
     〜相手のやる気と行動を引き出すコミュニケーション〜
────────────────────────────────
 自分の意思を正確に伝えるということは、仕事をする上でも生活をす
る上でも大変重要なことです。
 「人を動かす」などの著書で有名なデールカーネギーの本の中にこの
ような話があります。

『「みなさん、自由は素晴らしいものです。」そう言ったきり彼は立ち
つくしたまま黙ってしまった。私は彼に話しかけた。「何かそう思うよ
うな出来事があったのですか。よければ話してください。」彼は堰を切
ったように話し始めた。第二次世界大戦で、独占領下のフランスにいた
こと。隣へ行くのも身分証明書を持たなければならなかったこと。「わ
たしは今日ニューヨーク郊外の自宅からここまで来ましたが、誰にも呼
び止められず身分証明書も必要ありませんでした。自由とは素晴らしい
ものです」そのスピーチは強く聴衆をつかんだ素晴らしいものだっ
た。』

 どんなに正しいと信じても、的確に人に伝えることができなければ何
の意味もありません。今話題のコーチングは的確に意思を伝えるための
手法です。「コーチング」とはどんなことをするのか、どんな効果が期
待できるのか、その基礎をみなさん学んでみませんか。

 講師には、コーチングに関する数々の講演会や講座で有名な(株)コー
チ21からおいでいただき、その基礎についてご講演いただきます。

◆日 時:平成19年2月22日(木) 午後1時半〜午後3時

◆会 場:ホテルハマツ8F 「金星の間」

◆参加費:無料

◆定 員:30名

◆内 容:「コーチング入門」
           〜相手のやる気と行動を引き出すコミュニケーション〜
     講師 (株)コーチ・トゥエンティワン コーチング指導者
                 http://www.coach.co.jp/
      コーチングとは何か。コーチングの必要性と効果、取り入
      れた企業の事例などについてお話いただきます。

◆申込み:専用URLより2月20日(火)までお申込下さい。
     http://www.techno-media.net6.or.jp/it-plaza/entry.html

【ニューコメ】
────────────────────────────────
3【HPから】What's New
────────────────────────────────
【報告】マイスターズ・カレッジ実習風景
【報告】郡山テクノポリス地域戦略的アライアンス形成会議全体会・
    交流会開催報告
【報告】平成18年度下半期研究開発助成事業対象事業の決定について 
    〜生分解性プラスチックの高度発酵分解処理システムの開発〜
【報告】ふくしま型ユニバーサルデザイン展に出展しました
【案内】ユニバーサルデザイン製品のパンフレットができました
【報告】平成18年度第9回IT交流プラザ
    (第6回クリエーターズセミナー) 開催報告
【報告】平成18年度 環境保全・共生科学技術研究会『視察研修会』
     開催報告
 http://www.techno-media.net6.or.jp/
────────────────────────────────
4【コラム】最新の通信技術「可視光通信」
────────────────────────────────
◆モノとモノ、人とモノ、人と人など、通信に関する技術はまだまだ発
展の可能性があり、既存の技術の利用や新興の技術の研究など、さまざ
まなところで、研究・実験が繰り返されています。

◆人体にも無害で安定した高い電力で通信が可能な無線通信技術として
「可視光通信」が今、注目されています。可視光通信は、2003年11月に
慶應義塾大学の中川正雄教授を会長としたコンソーシアム(「可視光通
信コンソーシアム」)が発足したことによって、本格的に研究されるよ
うになりました。

 可視光通信コンソーシアム: http://www.vlcc.net/index.html

◆「可視光通信」は、身の回りにあふれている目に見える光(照明器具
や信号機、ネオンなど)を使って、無線通信を行うというものです。
特に注目されているのがLED(Light Emitting Diode)による可視光通
信です。LEDは人間の目には感じられない程度の高速に点滅する特性を
持ちます。その特性を使って電波を使った無線通信と同じような仕組
みでデータ通信を行うというものです。

◆「可視光通信」のメリットとして
・人間にとって安全な波長領域なので、電波や赤外線と違い照明などに
 使用している数ワットという高い電力のまま送信できる。
・病院の医療機器やペースメーカー、精密機器などに悪影響を与える
 ことがない。
・照明は至るところに設置されているので、新たにインフラを整備する
 必要がなくこれらに通信機能を付加するだけで無線通信環境が構築で
 きる。
・無線通信を実現する上で、電波法の制約を受けない。
などがあげられています。

◆中川教授は、様々な照明器具がLED化される今が「可視光通信」を普
及させていくチャンスだとし、全国の大学、企業と連携しながら研究を
続けています。人間の受ける情報の8割は視覚であり、目に見える光を
使った可視光通信は今後無線通信の主役となっていくかもしれません。

【ニューコメ】
────────────────────────────────
5【予定】テクノ・ニューコメの行事(1〜2月)
────────────────────────────────
1月17日(水)

★マイスターズ・カレッジ(26)実習A
・ナノ半導体デバイス対応極薄酸化膜作成と評価に関する実習
 清水博文 日本大学教授
18:00〜21:00
日本大学工学部 半導体ナノテクノロジ研究室


1月19日(金)

★マイスターズ・カレッジ(27)実習A
・ナノ半導体デバイス対応極薄酸化膜作製と評価に関する実習
 清水博文 日本大学教授
18:00〜21:00
日本大学工学部 半導体ナノテクノロジ研究室


1月24日(水)

★マイスターズ・カレッジ(28)トピックス
・エネルギー有効利用のための先端熱技術入門
 棚澤一郎 元日本大学研究所教授・東京大学名誉教授
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


1月26日(金)

★マイスターズ・カレッジ(29)トピックス
・画像処理の基礎
 加瀬澤正 日本大学助教授
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


1月27日(土)

★マイスターズ・カレッジ(27)実習B
・光触媒性チタニア(TiO2)薄膜の作製
 西出利一 日本大学教授
13:00〜16:00
日本大学工学部 環境分析化学実験室C


1月31日(水)

★マイスターズ・カレッジ(30)コア
・先端機械材料1
 小野沢元久 日本大学教授・工学部長
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


2月2日(金)

★マイスターズ・カレッジ(31)コア
・先端機械材料2
 小野沢元久 日本大学教授・工学部長
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


2月6日(火)

★テクノポリス新春講演会2007
中小企業は連携で生き残れ!
〜広域連携・産学官連携・新連携の成功事例〜
東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役社長 上野 保氏
13:30〜15:00
ビッグパレットふくしま 4階「プレゼンテーションルーム」
※チラシはこちらから(PDF形式)
http://www.techno-media.net6.or.jp/shinsyun/2007chirashi.pdf
※お申し込みはこちらから
http://www.techno-media.net6.or.jp/shinsyun/2007entry.html


2月7日(水)

★マイスターズ・カレッジ(32)基盤
・知的所有権
 水野博文 日本大学非常勤講師、水野特許商標事務所長
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


2月9日(金)

★マイスターズ・カレッジ(33)コア
・材料の破損、破壊と特殊加工1
 橋本 純 日本大学教授
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


2月14日(水)

★マイスターズ・カレッジ(34)コア
・材料の破損、破壊と特殊加工2
 橋本 純 日本大学教授
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


2月15日(木)

★第2回機能性材料・製造プロセス研究会
(内容調整中)
14:00〜
福島大学


2月16日(金)

★マイスターズ・カレッジ(35)実習B
・インキュベーションセンターの施設見学と材料試験
 橋本 純 日本大学教授
・MEMS技術の実験実習
 坂野 進 日本大学教授
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
日本大学工学部 環境保全・共生共同研究センター


2月21日(水)

★マイスターズ・カレッジ(36)コア
・超塑性変形のメカニズム1
 藤原雅美 日本大学教授
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


2月22日(木)

★情報化人材育成フォーラム(第12回IT交流プラザ)
「コーチング入門講演会」2月22日(木)開催予定
〜相手のやる気と行動を引き出すコミュニケーション〜
13:30〜15:00
ホテルハマツ8階「金星の間」
http://www.techno-media.net6.or.jp/it-plaza/entry.html


2月23日(金)

★マイスターズ・カレッジ(37)コア
・超塑性変形のメカニズム2
 藤原雅美 日本大学教授
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター


2月28日(水)

★マイスターズ・カレッジ(38)実習A
・ウォータージェット加工実習
 清水誠二 日本大学教授
・NC工作機械の精度検査
 齋藤明徳 日本大学助教授
・超塑性材料の高温引張試験
 高木秀有 日本大学助手
18:00〜21:00
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
日本大学工学部 流体工学実験室
日本大学工学部 物理学研究室


3月2日(金)

★マイスターズ・カレッジ(39・40)実習C
・工場見学
 藤原雅美 日本大学教授
 清水誠二 日本大学教授
 橋本 純 日本大学教授
 齋藤明徳 日本大学助教授
・閉講式
13:00〜
山本電気株式会社(須賀川市)
林精器製造株式会社(須賀川市)
郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター

----------------------------------------------------------------
 ◆ (財)郡山地域テクノポリス推進機構・事務局
  1 熊田 常務理事兼事務局長  (郡山商工会議所より出向)
  2 山下 事務局次長兼総務部長 (県より派遣)
  3 大沼 企画管理課長     (郡山市より派遣)
  4 松宮 技術振興課長     (須賀川市より派遣)
  5 青山 新事業支援課長    (大東銀行より出向)
  6 宮越 技術コーディネーター (テクノポリス)
  7 山本 事務担当       (テクノポリス)

 ◆ (財)郡山地域テクノポリス推進機構・
    郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
  8 永島 インキュベーションマネージャー(テクノポリス)
  9 中井 技術指導員      (テクノポリス)
  10 千原 事務担当       (テクノポリス)

 ◆ 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
  11 服部 事務担当       (ニューコメ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔テクノ・ニューコメ メールマガジン〕 毎月1日と16日発行

 発行 : 財)郡山地域テクノポリス推進機構
    : 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
               http://www.techno-media.net6.or.jp
 連絡先: 〒963-0101 郡山市安積町日出山字北千保19番8
      Tel:024-947-4400 Fax:024-947-4475
      E-Mail(テクノ)  :techno@nm.net6.or.jp
      E-Mail(ニューコメ):info@nm.net6.or.jp

 ■メールマガジンのバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/magazine/backnumber.php

 ■メールマガジンの購読解除
  http://www.techno-media.net6.or.jp/magazine/delmaga.php

 ■広報誌「サザンクロス」のバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/southern/southern.html

        掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • アクセス
  • お問い合わせ
このページのトップへ