(公財)郡山地域テクノポリス推進機構と、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会は、福島県郡山市と周辺6市町村(テクノポリス圏域)の、ものづくり系中小企業・クリエーター・起業家のみなさまを支援します。

メールマガジン

バックナンバー

2006年
12/20号
12/1号
11/16号
11/1号
10/19号
10/16号
10/5号外
9/19号
9/4号
8/17号
8/1号
7/3号
7/3号
6/16号
6/1号
5/16号
5/8号
4/19号
4/3号
3/16号
3/1号
2/20号
2/3号
1/17号
1/5号
2018年▼
2017年▼
2016年▼
2015年▼
2014年▼
2013年▼
2012年▼
2011年▼
2010年▼
2009年▼
2008年▼
2007年▼
2006年▼
2005年▼
2004年▼
2003年▼
2002年▼
2001年▼

9/19号
(配信日:2006/09/19 13:01:36

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベンチャー精神あふれる企業を支援する
            『 テクノ・ニューコメ メールマガジン』
━━━━━━━━━━━━ http://www.techno-media.net6.or.jp/ ━━
                (財)郡山地域テクノポリス推進機構
       郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会


━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━ 2006年9月19日  Vol.119━━━━━
1【募 集】「マイスターズ・カレッジ」受講者(〜9月20日) 
2【募 集】「郡山地域第4回ホームページコンテスト2006」応募締切り間近!
3【予 告】「クリエーターズセミナー・5」9月21日(木)開催予定
       〜ビジネスブログとSEO〜
4【予 告】「第2回医療・福祉機器等関連新事業創出研究会」9月29日開催予定
       〜スタンフォード大学における医療機器開発と臨床テスト及び
        FDA取得に関するシステム〜
       〜海外における医療機器開発と臨床現場への応用に関する現況と
        我が国の展望〜
5【予 告】「第2回環境保全・共生科学技術研究会」10月13日開催予定
       〜福島県における循環型社会形成の現状と問題点〜
6【コラム】「コンセントがネット端子に」 
7【予 定】 テクノ・ニューコメの行事                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
───────────────────────────────────
1【募集】「マイスターズ・カレッジ」受講者募集(〜9月20日)
───────────────────────────────────
        〜 ものづくり中核人材を育成します 〜
        <産学官連携高度製造技術人材育成事業>

 本県産業は、電気機械、精密機械、金属等の機械工業の基盤的技術に立脚した
製造業が集積しておりますが、強みを活かした展開を推進するためには、企業の
高付加価値化を図り、経済環境の変化への対応を積極的に図る必要があります。

 これらの状況を踏まえ、県内中小企業を対象に、企業、大学等高等教育機関、
試験研究機関、産業支援機関等の産学官連携により、今後成長する先端技術に
対応できるような基盤的製造技術の高度化を図る人材育成事業を実施します。
 皆様のご参加をお待ちしています。

                   記

○ 名    称  「Meister's College」(マイスターズ・カレッジ)
○ 対  象 者  県内製造業の従業員等(受講料無料)
○ 募 集 人 員  15名
○ 募 集 期 間  平成18年8月21日(月)〜9月20日(水)
○ 研 修 内 容  ・座学研修 90時間
          →テーマとなる製品製造の生産工程全般に関する先端かつ
           体系的な知識を習得します。
          ・実技研修 30時間
          →実際の機械操作等の実習を通して、必要な要素技術を
           習得します。
○ 研 修 場 所  郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーション
          センター 他
          (郡山市田村町徳定中河原1番1 日本大学工学部敷地内)
○ 研 修 期 間  平成18年10月〜平成19年2月
          (座学・実習については基本的に水曜・金曜の午後6時から
           午後9時頃までとなります。)

○ 研 修 詳 細  下記URLをクリックしてください。(pdf形式)
  (チラシ)
     URL  http://www.techno-media.net6.or.jp/jinzai/ad.pdf
         

○ 参加 申込書  下記URLをクリックするとダウンロードできます。
     URL  http://www.techno-media.net6.or.jp/jinzai/entrysheet.xls
          (申込みは、FAX又はe-mailにてお願いします。)

○ お申込み・問い合わせ先
          (財)郡山地域テクノポリス推進機構
             TEL 024-947-4400 FAX 024-947-4475
             e-mail techno@nm.net6.or.jp
                            【技術振興課】
───────────────────────────────────
2【募集】「郡山地域第4回ホームページコンテスト2006」応募締切り間近!
───────────────────────────────────
                  ◆ グランプリ 賞金 10万円 ◆
         ◆ 応募締切り  9月21日  ◆

  当初の期間より延長して募集を募ってまいりました郡山地域「第4回ホー
 ムページコンテスト2006」ですが、いよいよ締切りが間近となりました。
  21日まで応募可能です。まだご応募されていない方、ぜひご応募くださ
 い。

 ◇ 応募期間  7月3日(月)から9月21日(木)

 ◇ 応募方法  専用ホームページの応募フォームより応募して下さい。

 ◇ 応募作品  『創作部門(テーマ「夢」)』
         『商用(ビジネス) 部門』
         『教育機関部門』
         『個人・趣味部門』           
                  
 ◇ 各  賞  グランプリ   賞金 10万円(全応募作品から1点) 
         その他総額30万円相当の賞金・商品を準備
  
 ◇ 発  表  11月中にメールにて審査結果メールを送付
         表彰式は12月の「クリエーターズフォーラム」内にて

 お知り合いの方など広くお誘いあわせのうえ、たくさんのご応募お待ちして
 おります!
  
  【エントリー等ホームページコンテスト専用ホームページはこちらから】
     http://www.web.net6.or.jp/

   【お問い合わせ】            
   郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会事務局
  TEL 024-947-4400  FAX 024-947-4475  info@nm.net6.or.jp
                            【ニューコメ】
───────────────────────────────────
3【予告】「クリエーターズセミナー・5(第8回IT交流プラザ)
      〜ビジネスブログとSEO〜」 9月21日(木)開催予定
───────────────────────────────────
  Webサイト制作に係る技術は日々進歩し、 求められる技術は多岐に渡っ
 ており、最新の情報収拾や技術的な学習は必要不可欠になっております。そ
 のような背景を踏まえ、圏域内で活躍するクリエーターのスキルアップ支援
 と、ホームページの利活用を図るため、またこのクリエーターズセミナーを
 通して、今年度のホームページコンテストを活発に盛り上げていただくため、
 5月よりシリーズ化したクリエーターズセミナーを開催しております。
  
  第5回は「ビジネスブログとSEO」と題しまして、今話題の検索エンジ
 ン最適化を考慮したブログの使い方に関する講演会を行います。講師には、
 東京を拠点にビジネスブログを使いながら数々のSEO対策サイトの構築を
 なさっているアロマネット(株)の中村義和氏を迎え、ビジネスブログを使
 ったSEO効果のあるサイト作りについてご講演いただきます。
  ----------------------------------------------------------------
 1.日 時  平成18年9月21日(木) 午後2時〜午後4時半

 2.場 所  ビッグパレットふくしま1F コンベンションホールB

 3.参加費  無 料

 4.定 員  60名程度

 5.内 容  セミナー「ビジネスブログとSEO」
        講師:アロマネット(株)代表取締役  中村 義和 氏
                
 6.申込み  定員に達しましたので申込みは締め切りました。

 7.問合せ 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会事務局
        TEL 024-947-4400  FAX 024-947-4475
                            【ニューコメ】
──────────────────────────────────────
4【予告】「第2回医療・福祉機器等関連新事業創出研究会」9月29日(金)開催予定
──────────────────────────────────────
  平成18年度第2回目の「医療・福祉機器等関連新事業創出研究会」を開催いた
 します。
  今回は、スタンフォード大学医学部泌尿器科教授のChristos E.Constantinou
 (クリス・コンスタンチノウ)氏と日本大学教授工学博士の尾股定夫氏を講師に
 お迎えして、下記のとおり開催致します。ぜひ、ご参加ください。

                   記

 ◆日 時  平成18年9月29日(金) 13:00〜16:30
  
 ◆会 場  「郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター」
       1階会議室
       (郡山市田村町徳定字中河原1番1日本大学工学部キャンパス内)
        TEL:024-926-0344
 ◆内 容  
     1.テーマ 「スタンフォード大学における医療機器開発と臨床テスト
             及びFDA取得に関するシステム」
      講師  スタンフォード大学医学部泌尿器科 教授
       Christons E.Constantinou(クリス・コンスタンチノウ)氏

     2.テーマ 「海外における医療機器開発と臨床現場への応用に関する
             現況と我が国の展望」
      講師  日本大学教授工学博士 尾股定夫氏

 ◆申込方法 下記の専用Webフォームにてお申込みください。
        (締切り 9月27日(水)まで)   
    http://www.techno-media.net6.or.jp/iryofukushi/moshikomi18-2.html

 ◆問い合わせ先
        財団法人 郡山地域テクノポリス推進機構
     (郡山市安積町日出山字北千保19-8 ビッグパレットふくしま3階)

        tel 024-947-4400  fax 024-947-4475
        e-mail  techno@nm.net6.or.jp/       
                           【新事業支援課】
───────────────────────────────────
5【予告】「第2回環境保全・共生科学技術研究会
  〜福島県における循環型社会形成の現状と問題点〜」10月13日(金)開催予定
───────────────────────────────────
  平成18年度第2回目の「環境保全・共生科学技術研究会」シンポジウム
 を開催いたします。

  今回は、「福島県における循環型社会形成の現状と問題点」をテーマに、
 省エネルギーやCO2削減、資源循環について、福島県における施策の展開と
 地域における取り組みを紹介して、循環型社会形成の現状と問題点について
 論議を深め、今後の展望を探ります。

  本研究会は、企業団体から一般個人まで幅広い自由参加が可能です。多く
 の方々の参加をお待ちしております!

 ◆日 時  平成18年10月13日(金)午後2時40分〜午後5時

 ◆会 場  日本大学工学部 70号館 1階 7014教室(五十嵐ホール)
       (郡山市田村町徳定字中河原1番地)

 ◆参加費  無料

 ◆内 容  テーマ「福島県における循環型社会形成の現状と問題点」
       コーディネーター 日本大学工学部土木工学科教授 長林久夫 氏

(1)パネラー 福島県生活環境部循環型社会推進グループ参事 荒川 実 氏
        
       ・福島県循環型社会形成推進計画「うつくしま循環プラン」の
        基本理念と施策の展開について説明する。

(2)パネラー 株式会社ひまわり  代表取締役社長 佐藤 博 氏

       ・地域との連携による廃食油の収集と地域通貨の流通、バイオ
        ディーゼル燃料(BDF)精製による社有車の燃料化、50kw太陽光
        発電システム、雨水再利用など自社CO2の71%削減を達成した
        経緯と地域における循環型社会形成に向けての可能性と問題点を
        論ずる。
       
(3)パネラー 株式会社ジーセブン 代表取締役社長 樫村真市 氏
       
       ・郡山市唯一の「一般産業廃棄物処分業」及び「産業廃棄物処分
        業」の許可を持つ中間処理業者として、有機汚泥・生ゴミ・紙
        くず・木くず・動物の糞尿等の再資源化に取り組んでおり、循
        環型社会形成に向けての可能性と問題点を論ずる。

(4)パネラー 郡山農業青年会議所   監  査  安田潤一 氏
       (有限会社ハッピーファーム 代表取締役)

       ・農業と循環型社会との関連及び循環型社会形成に向けた取り組み
        とその動向、問題点を論ずる。

 ◆申込方法 下記の専用Webフォームにてお申込みください。
       (締切り 10月11日(水)まで)     
  申込専用URL http://www.techno-media.net6.or.jp/kankyo/18-2.html

 ◆問い合わせ先
     財団法人 郡山地域テクノポリス推進機構
    (郡山市安積町日出山字北千保19-8 ビッグパレットふくしま3階) 
     tel 024-947-4400 fax 024-947-4475
     e-mail   techno@nm.net6.or.jp
     ホームページ  http://www.techno-media.net6.or.jp/
                            【技術振興課】
───────────────────────────────────
6【コラム】「コンセントがネット端子に」
───────────────────────────────────
 ◆先日、総務省の電波監理審議会(電監審)が、電気のコンセントをインタ
 ーネット端子とする高速電力通信(PLC)を解禁する答申を出したという
 ニュースが発表されました。

 ◆PLCとは、Power Line Communicationの略で家庭内やビル内で使われて
 いる電力線を通信回線として使用する通信技術のことです。自分の部屋の電
 源コンセントから手軽に高速インターネットにアクセスできるため、余計な
 工事や費用をかけることなく、ブロードバンドネットワークの構築が可能と
 されています。

 ◆ユビキタス社会の実現に向けて、インターネットのブロードバンド化の大
 きな課題の一つとして「ラストワンマイル(ファーストワンマイル)」が挙
 げられています。これは、いくら光ケーブルの敷設など、電話局とISP(イ
 ンターネットサービスプロバイダー)間のインターネット網が高速化しても、
 オフィスや家庭に届くまでの最後の(ユーザーからみると始めの)1マイル
 (約1.6km)がなかなか高速化できないという問題です。

 ◆全家庭、全オフィスの各部屋まで光回線をひくには、莫大な費用がかかる
 ということで、注目されたのが既存の配線網(電話線、電力線など)を利用
 することでした。
 低コストで手軽にブロードバンドネットワークの構築が可能ということで、
 政府も01年の「e-Japan重点計画」に盛り込んで推進してきましたが、電
 力線をブロードバンド回線として利用した場合、そこからでるノイズが既存
 のアマチュア無線や電波天文台、短波放送などが使用している周波数帯域に
 悪影響を及ぼすということで、使用の許可がおりていませんでした。

 ◆しかし、今回それらの周波数帯域へ侵害を与えないとする資料の提出、説
 明の義務などと条件付ではありますが、事実上PLCが解禁されたことによ
 って一般家庭のブロードバンド化、ユビキタス社会実現に向けて、大きく前
 進する可能性があるでしょう。
                            【ニューコメ】
───────────────────────────────────
7【予 定】テクノ・ニューコメの行事
───────────────────────────────────
    9月20日(水) 須賀川アドホック研究会 9月例会
         14:00〜 TSファーム白河

    9月21日(木) 第8回IT交流プラザ
      「クリエーターズセミナー(5)〜ビジネスブログとSEO〜」
         14:00〜 ビッグパレットふくしま

   9月22日(金)〜23日(日)
         第8回ふくしまユニバーサルデザインフェア
                ビッグパレットふくしま

  9月27日(水) 郡山アドホック研究会 9月例会
         15:30〜 県農業総合センター

  9月29日(金) 第2回医療・福祉機器等関連新事業創出研究会
         13:00〜 
       郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
     http://www.techno-media.net6.or.jp/iryofukushi/moshikomi18-2.html

  10月13日(金)第2回環境保全・共生科学技術研究会
         〜福島県における循環型社会形成の現状と問題点〜
         14:40〜 日本大学工学部
        http://www.techno-media.net6.or.jp/kankyo/18-2.html
 
  10月14日(土)郡山地域第4回ホームページコンテスト2006予備審査会
         12:00〜 ビッグパレットふくしま 
 ----------------------------------------------------------------
 ◆ (財)郡山地域テクノポリス推進機構・事務局
  1 熊田 常務理事兼事務局長  (郡山商工会議所より出向)
  2 山下 事務局次長兼総務部長 (県より派遣)
  3 大沼 企画管理課長     (郡山市より派遣)
  4 松宮 技術振興課長     (須賀川市より派遣)
  5 青山 新事業支援課長    (大東銀行より出向)
  6 宮越 技術コーディネーター (テクノポリス)
  7 山本 事務担当       (テクノポリス)

 ◆ (財)郡山地域テクノポリス推進機構・
   郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
  8 永島 インキュベーションマネージャー(テクノポリス)
  9 中井 技術指導員      (テクノポリス)
  10 千原 事務担当       (テクノポリス)

 ◆ 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
  11 服部 事務担当       (ニューコメ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔テクノ・ニューコメ メールマガジン〕 毎月1日と16日発行

 発  行:財)郡山地域テクノポリス推進機構
    :郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
     http://www.techno-media.net6.or.jp/
 連絡先:〒963-0101 郡山市安積町日出山字北千保19番8
     Tel 024-947-4400 Fax 024-947-4475
     E-Mail テクノ:techno@nm.net6.or.jp
         ニューコメ:info@nm.net6.or.jp
 ■メールマガジンのバックナンバー
  http://mm.multi.ne.jp/backnumber.php3?view_mmid=0000005

 ■メールマガジンの購読解除
  http://mm.multi.ne.jp/bye.php3?
Mail=@@RECVADDR&mmid=@@MMID&phrs=@@SALT

 ■広報誌「サザンクロス」のバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/southern/southern.html

        掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • アクセス
  • お問い合わせ
このページのトップへ