(公財)郡山地域テクノポリス推進機構と、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会は、福島県郡山市と周辺6市町村(テクノポリス圏域)の、ものづくり系中小企業・クリエーター・起業家のみなさまを支援します。

メールマガジン

バックナンバー

2005年
12/16号
12/1号
11/16号
11/1号
10/17号
10/3号
9/16号
9/1号
8/18号
8/1号
7/1号
7/1号
6/16号
6/1号
5/16号
8/6号
4/18号
4/1号
3/16号
3/1号
2/16号
2/1号
1/17号
1/5号
2018年▼
2017年▼
2016年▼
2015年▼
2014年▼
2013年▼
2012年▼
2011年▼
2010年▼
2009年▼
2008年▼
2007年▼
2006年▼
2005年▼
2004年▼
2003年▼
2002年▼
2001年▼

10/17号
(配信日:2005/10/17 16:29:38

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベンチャー精神あふれる企業を支援する
            『 テクノ・ニューコメ メールマガジン』
━━━━━━━━━━━━ http://www.techno-media.net6.or.jp/ ━━


       「インキュベーションセンター建設が本格化」

  テクノポリス推進機構が、国、県、郡山市、日本大学などの補助を受け、日本
 大学工学部(郡山市)の敷地内に建設を予定している『インキュベーションセン
 ター』の実施設計及び地質調査が、明日以降着手されることになった。

  この施設は、製造業を中心とした研究開発型企業を輩出し、郡山地域(郡山テ
 クノポリス圏域)の経済をリードする企業を育成することを目的につくられる。

  創業予定者や新事業に取り組む企業が入居可能な支援室を備え、技術開発・新
 製品開発の場としての「試作センター」も併設し、大学等の知的資源や産業支援
 のネットワークをフルに活用し、技術シーズの事業化を産学官連携により支援し
 ていく。
                                                                         
━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━ 2005年10月17日  Vol.97━━━━━
1【予告】「第2回医療・福祉機器等関連新事業創出研究会」10月20日(木)開催 
2【予告】 第5回IT交流プラザ『高度道路交通システムへの挑戦』11月4日(金)開催 
3【報告】「第2回環境保全・共生科学技術研究会」10月7日(月)開催分 
4【予定】 テクノ・ニューコメ 行事予定 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌────────────────────────────────────
│1【予告】「第2回医療・福祉機器等関連新事業創出研究会」10月20日(木)開催
└────────────────────────────────────
  【医療生体工学における医療・福祉機器産業創出に向けて】をメインテーマに
 今年度第2回の研究会を下記のとおり開催しますので、ぜひ、ご参加ください。
  
                 記

 日 時  平成17年10月20日(木) 14:40〜16:40     
 会 場  日本大学工学部工学研究所「次世代工学技術研究センター」
 内 容  講演
       1.テーマ 「バイオメディカル工学による
              次世代バイオ・医療技術開発の展望」
         講師  日本大学工学部機械工学科教授 斎藤 烈氏

       2.テーマ 「自動車安全における医療生体工学の役割」
         講師  日本大学工学部機械工学科助教授 西本 哲也氏

       3.テーマ 「世界の先進事例に学ぶ医療産業振興について」
              〜郡山メディファクトリー成功へ向けて〜
         講師  (株)メディカルクリエイト代表パートナー
                             田中 伸明氏
 主 催  (財)郡山地域テクノポリス推進機構
      日本大学工学部工学研究所

 ※講演者経歴↓
   http://www.techno-media.net6.or.jp/iryofukushi/17-2keireki.pdf 
 ※発表テーマ概要↓
   http://www.techno-media.net6.or.jp/iryofukushi/17-2gaiyo.pdf
 ※お申し込み(FAX用)↓
   http://www.techno-media.net6.or.jp/iryofukushi/17-2.pdf
┌─────────────────────────────────────
│2【予告】第5回IT交流プラザ『高度道路交通システムへの挑戦』11月4日(金)開催
└─────────────────────────────────────
   『高度道路交通システム(ITS)への挑戦』と題して、講演会を開催します。
 ◇ 最先端の情報通信技術を用いて人と道路と車両とを結び、交通事故や渋滞
  などの道路交通問題の解決を図る新しい交通システムについて、行政や民間
  の最新の取組みを紹介いたします。
 
 ◇ ITS事業は、約50兆円(VERTIS試算)の経済波及効果があるとも試算されており
  ます。新たな産業創出に繋がるチャンスですので是非ご参加ください。

 1.日 時:平成17年11月4日(金)午後2時〜午後5時

 2.場 所:ビッグパレットふくしま 4階 プレゼンテーションルーム

 3.内 容:講演会 午後2時〜午後5時

        1「国道4号、49号の道路情報の提供」
           講師:国土交通省 東北地方整備局 郡山国道事務所
           所長 杉崎 光義 氏           

         2「ETCカードの利用状況と今後の施策」
           講師:東日本高速道路株式会社東北支社 郡山管理事務所
           所長 山川 俊幸 氏
       
         3「カーナビのIT活用による新サービスの紹介」
           講師:アルパイン株式会社 市販商品企画部
           部付マネージャー 八木  賢 氏

   ※ 内容等については若干変更することもございますのであらかじめご了承
    ください。

 4.参加費:無料      
 
 5.申込   10月20日(木)には以下のホームページにてご案内いたします。
       もう少しお待ちいただき下記よりお申込ください。      
    
  【申込み・詳細はこちらのトップページからご案内します。】(10/20UP予定)
    http://www.techno-media.net6.or.jp/
  【専用のエントリーフォームはこちらから】(10/20UP予定)
    http://www.techno-media.net6.or.jp/it-plaza/17-5.html
  【お問い合わせ】            
   郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会事務局 小林まで
    TEL 024-947-4400  FAX 024-947-4475
┌──────────────────────────────────
│3【報告】「第2回環境保全・共生科学技術研究会」10月7日(月)開催分
└──────────────────────────────────
  テクノポリス推進機構と日本大学工学部工学研究所の主催による平成17
 年度第2回環境保全・共生科学技術研究会は、10月7日(月)に日本大学
 工学部50周年記念館で開催されました。                  
                                   
  「新エネルギーと地域社会との関わり」をメーンテーマに、新エネルギーの
 現状や今後の技術的な展望について理解を深めました。    
                                   
 ◆棚澤一郎 日大工学部機械工学科教授                   
 「新エネルギーと地域社会との関わり」                
   新エネルギー(太陽、風力、バイオマス、地熱等)に共通する利点は、
  環境負荷が小さく枯渇の懸念がない。短所としては、コスト高や、出力が
  不安定であり、技術的ブレークスルーが必要であるとのことでした。
   省エネルギーとともに住民の意識改革も重要との説明がありました。
                                   
 ◆佐藤晴夫 日大工学部情報工学科教授                   
 「福島県における新エネルギー導入の現状と風力・太陽光ハイブリッド発電
  システムの運用実績」                       
   県内約3割の市町村で新エネルギービジョン策定の取り組みを行ってい
  る。2年前、日大に設置した風力・太陽光ハイブリッド発電システムは、
  年間発電量29,100kWh。共生共同研究センターでの研究対象にも
 しているとのこと。                          
   その他、佐藤教授が現在研究中の改質器により水素を発生させ、燃料電
  池の発電を行うバイオガス燃料電池発電システムについても発表がありま
  した。                              
                                   
 ◆小山志津夫 天栄村企画情報課課長補佐               
 「天栄村における地域新エネルギー導入の取り組みについて」      
   天栄村では、二岐山の地域資源を生かし、風力発電の里として4基の風
  車を設置。新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の補助事業を
  活用し、平成12年に完成。
   当時は、自治体としては全国最大規模の風力発電所であった。
  先駆けて開発したことにより売電単価(20年契約)を現在よりも高値で
  設定できたメリットがあったとのこと。          
   今後は、小水力発電、地熱バイナリー発電、太陽光発電、雪氷熱など、
  自然エネルギーの標本箱とも称されるような施設群の総合的な整備を図り、
  新エネルギーを通した地域振興を行っていきたいとのことでした。   
                                   
   当日は、企業、大学、行政機関の関係者ら約70名が参加。     
   新エネルギーを活用した環境共生支援を探りました。        
┌──────────────────────────────────
│4【予定】テクノ・ニューコメ 行事予定
└──────────────────────────────────
  10月20日(木) 第2回医療・福祉機器等関連新事業創出研究会
           14:40〜 日本大学工学部

 10月22日(土)「郡山地域ホームページコンテスト2005」Net6グランプリ
         本審査 12:00〜 ビッグパレットふくしま

 11月 2日(水) 須賀川アドホック研究会 運営委員会
           12:00〜 須賀川市産業会館

 11月 4日(金) 第5回IT交流プラザ「高速道路交通システムへの挑戦」
           14:00〜 ビッグパレットふくしま

 11月20日(日) 須賀川アドホック研究会(郡山アドホック研究会も参加)
  〜23日(水)   海外視察(台湾)

 11月24日(木) 須賀川アドホック研究会 11月例会
          15:00〜 ビジネスクリエーション東北2005視察

 11月25日(金) 郡山アドホック研究会 11月例会
          ビジネスクリエーション東北2005視察
          産・学・官連携フォーラム視察


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔テクノ・ニューコメ メールマガジン〕 毎月1日と16日発行

 発  行:財)郡山地域テクノポリス推進機構
    :郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
     http://www.techno-media.net6.or.jp/
 連絡先:〒963-0101 郡山市安積町日出山字北千保19番8
     Tel 024-947-4400 Fax 024-947-4475
     E-Mail テクノ:techno@nm.net6.or.jp
         ニューコメ:info@nm.net6.or.jp
 ■メールマガジンのバックナンバー
  http://mm.multi.ne.jp/backnumber.php3?view_mmid=0000005

 ■メールマガジンの購読解除
  http://mm.multi.ne.jp/bye.php3?
Mail=@@RECVADDR&mmid=@@MMID&phrs=@@SALT

 ■広報誌「サザンクロス」のバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/southern/southern.html

        掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • アクセス
  • お問い合わせ
このページのトップへ