(公財)郡山地域テクノポリス推進機構と、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会は、福島県郡山市と周辺6市町村(テクノポリス圏域)の、ものづくり系中小企業・クリエーター・起業家のみなさまを支援します。

メールマガジン

バックナンバー

2005年
12/16号
12/1号
11/16号
11/1号
10/17号
10/3号
9/16号
9/1号
8/18号
8/1号
7/1号
7/1号
6/16号
6/1号
5/16号
8/6号
4/18号
4/1号
3/16号
3/1号
2/16号
2/1号
1/17号
1/5号
2018年▼
2017年▼
2016年▼
2015年▼
2014年▼
2013年▼
2012年▼
2011年▼
2010年▼
2009年▼
2008年▼
2007年▼
2006年▼
2005年▼
2004年▼
2003年▼
2002年▼
2001年▼

7/1号
(配信日:2005/07/01 10:36:38

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ベンチャー精神あふれる企業を支援する
            『 テクノ・ニューコメ メールマガジン』
━━━━━━━━━━━━ http://www.techno-media.net6.or.jp/ ━━


「勤務先のない通勤定期」            
 最近、JRの定期券購入申込書から、勤務先とその住所・電話番号を
記載する欄が消えた。
 常々、割引率が高い通学定期ならまだしも、誰でも購入できる通勤定
期になぜ勤め先を書かなければならないのか不思議に思っていた。
 今度の申込書には『なくした定期が拾われて届けられた際に連絡がほ
しい方は、電話番号をご記入ください。』とだけあった。
 自宅の電話番号を書いて窓口に差し出した。
 受け取る駅員が、いつもよりちょとだけ親切そうに見えた。

↓マスコミでは、個人情報の漏洩事故・事件が連日のように報道されて
います。
 来週の金曜日(7月8日)に開催されるIT交流プラザでは、事務担当
者用のパソン端末(クライアント)には一切情報を記録保存しない、
「サーバーでの情報一元管理システム」の紹介があります。


━━━目 次━━━━━━━━━━━━━━ 2005年7月1日  Vol.90━━
1.【お知らせ】
  「第2回IT交流プラザ『IT利活用の現状』」7月8日開催
2.【お知らせ】
  「第3回IT交流プラザ『放送産業とITビジネス』」8月開催予告
 
3.【お知らせ】
  「第3回郡山地域ホームページコンテスト」企画運営委員募集 
4.【報  告】
  「環境保全・共生科学技術研究会(IT交流プラザ)」6月17日開
催分
5.【イベント】
  「特許流通促進セミナー」(独立行政法人工業所有権情報・研修
館)
6.【コラム】
  ブログやニュースの最新記事を自動収集する「RSSリーダー」
7【予 定】テクノ・ニューコメ 7月の行事予定  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┌───────────────────────────────
│1【お知らせ】
│「第2回IT交流プラザ『IT利活用の現状』」7月8日開催 
└───────────────────────────────
 ◆今年1月に全県下でサービスが始まった電子申請システム『ふくしま
e 窓口』をはじめ、県が今後導入するシステムの整備計画をまとめた
「電子社 会推進アクションプラン2005」など福島県の電子社会推
進への取組みについて紹介いたします。

 ◆また、情報記録機能を端末(パソコン)には持たせず、サーバーの
みに持たせて一元管理するシステムで、情報流出対策のひとつとして注
目されている『シンクライアント/サーバー方式』を紹介いたします。
 ぜひご参加いただき、ビジネスの参考としてくだい。  
 
 1.日 時:平成17年7月8日(金)午後1時30分〜午後4時30
分

 2.場 所:ビッグパレットふくしま 4階 プレゼンテーションルー
ム

 3.内 容:第1部 講演会(13:30〜15:30)

      1「ICT、福島県の取組みの状況について」     
   
        〜県の電子社会推進アクションプラン2005&    
    
             ふくしま県市町村共同電子申請システム 
他〜
	    講師:福島県企画調整部電子社会推進グループ  
    
              主任主査 鈴木 健一郎 氏
  
       2「シンクライアント/サーバー方式による情報一元管理
システム」
        〜情報漏えい対策のひとつとして〜        
  
        講師:(株)テレジャパン
              代表取締役 宗像 忠夫 氏
       
       第2部 交流会(15:40〜16:30)

 4.参加費:無料          

 5.申込方法 7月5日(火)までに、専用のWebフォーム又はファッ
クスにてお申込みください。 

  【申込み・詳細はこちらのトップページから】
    http://www.techno-media.net6.or.jp/
  【専用のエントリーフォームはこちらから】
    http://www.techno-media.net6.or.jp/it-plaza/17-2.html


┌───────────────────────────────
│2【お知らせ】
│「第3回IT交流プラザ『放送産業とITビジネス』」8月開催予告
└───────────────────────────────
  ◆『放送産業とITビジネス』と題して、講演会と交流会を開催しま
す。
   テレビの歴史を大きく変える「地上波デジタル放送」や「ケーブ
ルテレ
 ビ」の放送が年内にも始まります。その特長や仕組み、魅力(新サー
ビス)を紹介
 いたします。
  関連ビジネスで新たな市場へ参入するチャンスです。

  ◆ 参加申込みにつきましては、次号メールマガジンでご案内いたし
ます。
 
 1.日 時:平成17年8月5日(金)午後2時30分〜午後6時30
分

 2.場 所:ホテルハマツ (予定)

 3.内 容:第1部 講演会

      1「地上波デジタル放送の特長と放送への取組み状況」
        〜テレビは見るものから、参加するもの〜     
      
	    講師:福島県地上デジタル放送推進協議会
           NHK福島放送局 
           営業部視聴者技術専任エンジニア 蛭田義一 
氏
            
       2「郡山地域におけるケーブルテレビの整備状況と今後」
(仮題)  
        講師:株式会社 インフォメーションネットワーク郡
山
           代表取締役社長 田島 輝夫 氏
       
       第2部 交流会

 
  【詳細及び参加申込みのご案内は、こちらにアップロードします。
(準備中)】
    http://www.techno-media.net6.or.jp/

  「IT交流プラザ」17年度事業計画はこちらからご覧いただけます。
       Http://www.techno-media.net6.or.jp/cgi-
bin/view/tnews.cgi?

  【お問い合わせ】            
   郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会事務局 小
林まで
  TEL 024-947-4400  FAX 024-947-4475           

┌───────────────────────────────
│3【お知らせ】
│「第3回郡山地域ホームページコンテスト」企画運営委員募集
└───────────────────────────────
 ◆ ホームページコンテストの企画・運営への参加のご案内
           〜企画運営委員の募集期間を7月まで延長しま
した〜

  ニューコメでは、今年で3年目となります『郡山地域ホームページ
コンテ
 スト』への応募作品の募集を間もなく開始いたします。
  昨年のコンテスト→ http://www.web.net6.or.jp/

  このコンテストは、ホームページ制作者(クリエーター)の育成と
専門的
 な技術の向上を図り、世界で活躍するクリエーターを、この郡山地域
から送
 り出すことをめざしています。

  ただいま、企画・運営等をボランティアでお手伝いいただける方々
を広く
 募集しております。
  興味のある方は、お気軽に下記問い合わせ先までご連絡ください。

  【詳細はこちらのトップページから】
    http://www.techno-media.net6.or.jp/

  【問い合わせ】
       郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
       TEL 024-947-4400  FAX 024-947-4475
       E-Mail:info@nm.net6.or.jp            


┌───────────────────────────────
│4【報告】
│「環境保全・共生科学技術研究会(IT交流プラザ)」6月17日開催分
└───────────────────────────────
  テクノポリス推進機構とニューメディア・コミュニティ事業推進協
議会、
 日本大学工学部工学研究所の主催による「平成17年度第1回環境保
全・共
 生科学技術研究会(IT交流プラザ)」は、6月17日に日本大学工学
部50周
 年記念館で開催されました。                  
  
                                
   
  「環境共生を支援する未来型情報システム」を統一テーマに5名の
先生方が
 登壇し、地域企業との共同研究に向けたプレゼンテーションを行いま
した。 
        
 ◆木田拓郎 電気電子工学科教授                
   
 「環境共生を支援する未来型情報システムの研究総括」      
   
   最適な近似を与え、ユーザ回線のずれを修正するフィルタバンク
を紹介
  し、多重通信装置を使った環境情報化システムの構築を提案しまし
た。 
                                
   
 ◆小林義和 情報工学科専任講師                
   
 「ミクロ環境の評価と予測システムの研究」           
   
   環境因子データを精度よく収集し、災害の予兆を検知するため、
光歪セ
  ラミックス材料や積層構造による大変位光歪セラミックス(PLZ
T)素
  子の開発を紹介。  
   これらは、他の微小部品製造にも応用がきくとのことでした。 
      
                                
   
 ◆坂野 進 機械工学科教授                  
   
 「環境計測・制御用センサー開発と環境変化予測システムの開発」 
   
   光センサーを用いた測定の原理を喫煙や治療後の歯茎を例にと
り、血流
  の測定を解説。                       
   
   センサー等の試作のため、同研究室のクリーンルームを利用した
いとの
  希望を持つ企業へは、対応可能であるとのことでした。
                                
   
 ◆竹中豊文 情報工学科教授、渡邊博之 電気電子工学科助教授  
   
 「インターネットを高度に利用した環境情報公開システムの研究」 
   
   竹中教授は、自然災害に強い通信インフラ、アドホックネットワ
ークを
  紹介。端末バッテリィ消費を最小とするルーチングを説明。各種シ
ステム
  への応用も可能とのこと。                  
   
   渡邊助教授は、教育技術標準規格、SCORM対応型の学習支援
システ
  ムの構築について説明。相互運用や教材の再利用が可能とのことで
した。   
                                
   
  当日は、企業、大学、行政機関の関係者ら約50名が参加。ITを
活用し
 た環境共生支援の可能性を探りました。             


┌───────────────────────────────
│5【イベント】
│「特許流通促進セミナー」(独立行政法人工業所有権情報・研修館)
└───────────────────────────────
  開放意思のある特許(開放特許)を企業間及び大学・公的試験研究機
関と企
 業との間において円滑に移転させ、中小・ベンチャー企業の新規事業
の創出
 や新製品開発を活性化させることを目的とした特許流通促進事業の総
合的な
 説明会が開催されます。 

 1.日時 平成17年7月4日(月) 9:00〜12:00
 2.場所 ビッグパレットふくしま 3階 中会議室
 3.参加料 無料

  【詳細につきましては、こちらからご覧ください。】
     http://www.ryutu.ncipi.go.jp/explain/index.html
  【ご案内ちらし・申込書(PDF形式)】
     
http://www.ryutu.ncipi.go.jp/explain/pdf/H17/20050704tf.pdf

 ※申込・お問い合わせ
 (社)発明協会福島県支部(福島県知的所有権センター)
    TEL 024-959-3351 FAX 024-963-0264          


┌───────────────────────────────
│6【コラム】
│ブログやニュースの最新記事を自動収集する「RSSリーダー」
└───────────────────────────────
◆ もう「RSS(アールエスエス)リーダー」をお使いになってみま
したか?

  RSSリーダーは、RSS形式(XML技術をベースにしたデータ
形式の
 こと)のデータを表示するソフトのことで、さまざまなブログサイト
やニュ
 ースサイトなどの更新情報を一挙に取得することができ、統一的な方
法で新
 情報を把握することができます。

  普段よくチェックするサイトやリアルタイムで知りたいニュースサ
イトな
 ど、いちいち自分でチェックしなくても、更新された情報を自動的に
知らせ
 てくれるのです。

◆ RSSリーダーは専用のソフトをインストールしないと使うことが
できま
 せん。有料のものと無料のものの2種類があり、無料のものは簡単に
対応サ
 イトからダウンロードができます。

  画面構成は、メールソフトのようなタイプが多く、一目で更新情報
がわか
 るようになっています。もちろんRSS対応サイトの情報しか見るこ
とがで
 きませんが、それでも自分から大量のサイトにアクセスする手間がか
なり省
 けます。

  忙しくてニュースサイトを全てチェックすることができないといっ
た方や、
 普段よくみるサイトがあるが、アクセスしても新しい情報がなかった
という
 経験をよくする方に、RSSリーダーはお勧めです。

◆ 最近ではブログやニュースだけではなく、ショッピングサイトや懸
賞サイ
 トなどさまざまなサイトがRSSに対応してきています。
  長時間のネットサーフィンはけっこう疲れるものです。これからの
インタ
 ーネットでの情報収集に、RSSリーダーは欠かせないツールとなり
そうです。


┌───────────────────────────────
│7【予 定】テクノ・ニューコメ 7月の行事予定
└───────────────────────────────
 7月 6日(水) 「第7回ふくしまユニバーサルデザインフェア」
検討会議
           14:00〜 ビッグパレットふくしま

 7月 7日(木) 須賀川アドホック運営委員会
           12:00〜 産業会館

 7月 8日(金) 「第2回IT交流プラザ(IT活用の現状)」 
           13:30〜 ビッグパレットふくしま
        詳細は
        http://www.techno-media.net6.or.jp/cgi-
bin/view/tnews.cgi?

 7月14日(木) 「公募型ユニバーサルデザイン製品開発支援事
業」
               第2回選定評価委員会
           13:30〜 ビッグパレットふくしま

 7月21日(木) 須賀川アドホック研究会7月例会(堆肥化プラン
ト視察)
           15:30〜 平和物産


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔テクノ・ニューコメ メールマガジン〕 毎月1日と16日発行

 発  行:財)郡山地域テクノポリス推進機構
    :郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
     http://www.techno-media.net6.or.jp/
 連絡先:〒963-0101 郡山市安積町日出山字北千保19番8
     Tel 024-947-4400 Fax 024-947-4475
     E-Mail テクノ:techno@nm.net6.or.jp
         ニューコメ:info@nm.net6.or.jp
 ■メールマガジンのバックナンバー
  http://mm.multi.ne.jp/backnumber.php3?view_mmid=0000005

 ■メールマガジンの購読解除
  http://mm.multi.ne.jp/bye.php3?
Mail=@@RECVADDR&mmid=@@MMID&phrs=@@SALT

 ■広報誌「サザンクロス」のバックナンバー
  http://www.techno-media.net6.or.jp/southern/southern.html

        掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • アクセス
  • お問い合わせ
このページのトップへ